投手の基本能力と変化球の査定のしくみ

投手の基本能力と変化球の査定のしくみについて解説しています。
査定のことをより詳しく知りたい方は、参考にしてみてください。

能力ポイント

基本能力や変化球を上げることで、査定用のポイントがもらえます。
能力を上げることによってもらえるので、「能力ポイント」とよんでいます。

投手の基本能力の能力ポイント一覧
投手の変化球の能力ポイント

例えば、
球速152 コントロール53 スタミナ48
スライダー4 フォーク6
の選手がいるとします。

この選手の能力ポイントを表にすると、

能力名 能力値 能力ポイント
球速 152 25
コントロール 53 14
スタミナ 48 4
スライダー 4 12
フォーク 6 22
総変化量 10 10
球種数 2 17
合計 104

になり、能力ポイントの合計は104ptになります。

ボーナスポイント

能力ポイントがある程度たまると、ボーナスポイントがもらえます。

具体的には、能力ポイントが
4pt, 7pt, 10pt,
14pt, 17pt, 20pt,
24pt, 27pt, 30pt,

を超えたるたびに、ボーナスポイント1ptが追加されます。

計算方法

上の数字を見てみると、4pt → 7pt → 10ptを、10ptごとに繰り返しているのがわかります。

これを計算式にすると、
floor(能力ポイント × 0.3) = ボーナスポイント
で表すことができます。
(floorは小数点以下を切り捨て)

計算例

さきほどの選手の場合、計算式にすると、
floor(104pt × 0.3) = floor(31.2pt) = 31pt
となり、ボーナスポイントは31ptになります。

査定ポイント

選手ランクは、査定ポイントによって決まります。
査定ポイント100ptで、選手ランク1メモリ分となります。

能力&ボーナスポイントから、査定ポイントへの変換は簡単です。
能力ポイントとボーナスポイントの合計を、56で掛けるだけです。

計算式にすると、
(能力ポイント + ボーナスポイント) × 56 = 査定ポイント
になります。

さきほどの選手なら、
査定ポイント
= (能力ポイント + ボーナスポイント) × 56
= (104pt + 31pt) × 56
= 135pt × 56
= 7560pt
になり、7560ptが査定ポイントになります。

これは、選手ランクAの1メモリに相当します。
Aランクの1メモリ

まとめ

簡単にまとめると、

  1. 能力を上げると「能力ポイント」がもらえる。
  2. ある程度たまると「ボーナスポイント」がもらえる。
  3. それらの合計×56が「査定ポイント」
  4. 「査定ポイント」で選手ランクが決まる

ということです。

普段からボーナスを意識するのは難しいですが、
あと少し査定を上げたいときなどに、狙ってみてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。